今回のゲスト

料理旅館松本亭様 様

http://sp.raqmo.com/matsumototei/

いつでもどこでも情報を手に入れられるスマホサイト。作らないのはもったいない!

今回のゲストは京都府相楽郡笠置町、神宮山の上にある松本亭さま。
ご夫婦で営まれている心温まるお宿です。本格きじ料理のフルコースも楽しめる旅館で、全国からその珍しいきじ料理を求めお客さんが。
それだけでなく、合宿などで学生の方も多くいらっしゃるお宿です。
PCサイトは既にお持ちでしたので、弊社には松本亭さまのスマートフォンサイト制作をご依頼いただきました。
スマホサイトでは、きじ料理やお宿の紹介の他、吹奏楽やコーラス、ゼミや会議にダンスなど団体さまもご利用いただける多目的ホール「天空ホール」の紹介も。YouTubeやfacebookとも絡めてご利用いただいています。
空室情報や四季折々の情報を、弊社のスマートフォンサイト更新システム「RAQMO」をご利用いただきサイトを日々更新なさっています。
公開して早半年。お客様からの反響は如何に…!?

スマートフォンの普及率を知り必要性を感じました、外出先からもご覧いただける特性は観光業にも合っている

事細かな要望を聞いてもらった、雰囲気も合っていますね♪

スマホはいつでもどこでも情報を手に入れることができる

―数ある広告媒体の中で、スマートフォンサイトの魅力は何だと思いますか?

旦那様:有名芸能人を起用した某テレビCMでも、スマートフォンは “いつも一緒の良き相棒” だと描かれていますよね。 いつでもどこでも情報を手に入れることができるのがスマートフォンだと思います。 そのようなスマートフォンに「見やすく扱いやすい状態」で情報を発信できるスマートフォンサイトは魅力的だと思います。

奥様:私たち夫婦もスマートフォンを使っていますし、お客様も皆さんやっぱりスマートフォンを使われていますね。

アピールできることの幅も広がり、より新鮮な情報をリアルタイムで提供できるように

合宿以外にも、キジ料理を調べて食べに来られるグルメな若い方が増えてきました

ネットで情報を出してから、全国から問い合わせが

―お問い合わせやご注文、お客様の感想など、サイト完成後の反響はいかがですか?

奥様:予約受付サイトからの予約もいただいているんですけど、今回作っていただいたスマートフォンサイトに「予約受付サイトにリンクする」ボタンを作っていただきまして、で、そのスマートフォンからの流れから予約も頂いております。 お客様からは、スマートフォンサイトの方が元からあるPCサイトよりもデザインが良いし分かりやすいというお声も頂いております。 おなじみさんや、新たに学校関係の方などにはDMを送ったりしていたんですけど、それ以外の部分で、こう新たにっていうのがそのネットを使って大きく広がりますね。 紙媒体のときと比べると、ネットで情報を出してから全国から問い合わせを頂いていますよ。

慣れていないわたしでも、気軽にコマメに更新することができます

facebookとスマホを絡めてもっと当館を知っていただきたい

スマホサイトを作らないのはもったいない、お客様にアピールする1つのツールになるんで

――ウェブサイトの導入など、WEBを使った宣伝を今ご検討中の方へアドバイスをお願いします。

旦那様:そうですね、スマートフォンをご利用の方はそのスマートフォンの機能のすごさは体感されていると思うんです。 ほとんどスマートフォンで情報を手に入れることができますんでね、スマートフォンサイトを作らないのはもったいないと思うんですね。 お客様にアピールしていく1つのツールになりますんで。

迅速な対応、デザイン、アフターフォロー、100点満点です

Editor's note

料理旅館松本亭さま、ご協力ありがとうございました。
インタビュー開始時はお二人とも緊張していらっしゃる様子でしたが、どんどん自然なかたちでお話をしていただき笑顔でお応えいただけました。
まだインタビュー2回目の我々サポートチームのほうが緊張していたような気がします(笑)
京都の山の上にある料理旅館、看板はありますが山のふもとを車で走るだけでは気付かない方もいらっしゃるでしょうから、新規客を見込むにはどんどんアピールしていくことが必要不可欠だと思います。珍しいキジ料理、趣のあるお宿、多目的ホール、魅力がいっぱいの松本亭さまです。
なんと、名物のきじ鍋は「第3回全国ご当地鍋フェスタN-1グランプリ」でグランプリを受賞したほど。
リピーターが多いのも納得。知れば知るほど好きになる、そのようなところでした。次回は是非プライベートで、お料理やお宿を楽しみに行きたいですね!
また、下のボタンから松本亭さまのスマホサイトをご覧いただけます。Facebookもリンク中!ぜひ「いいね!」を!