投稿日:2019年4月9日
集客に結びつく!プレスリリースを活用しよう
28058676_1603464753071684_3565601358752379335_n 『自社の商品をもっと幅広い人に知ってもらいたい。』

そんなとき広告への出稿を考えるのが一般的です。

ですが、ネットを使いプレスリリースを効果的に行うことで、紙面の広告よりもはるかに安いコストで商品やサービスを多くの人に知ってもらうことが可能となります。

プレスリリースとは?

プレスリリースとは、企業・団体が、経営に関わるニュースや、新商品・新サービスの情報をマスコミに知らせるための文書です。
一言でいうと「広報資料」と言うことができます。

従来、報道関係者向けに作成する文書でしたが、近年はリリースのWEB配信サービスや自社メディアへの掲示で直接消費者の目に触れることも増えたため、「ニュースリリース」という表現を使うことが増えています。

メディアに取り上げられると、それまで認知していなかったユーザーの企業や商品の認知度を促進します。
また、掲載された実績により企業・商品の信頼度も上がります。
送信する方法は、郵送、FAX、E-mail、サイトの専用フォームなど様々です。

プレスリリースを作成する際の注意点

プレスリリースを作成する際の一番の注意点は、プレスリリースが「広告」ではないことを正しく理解することです。
プレスリリースの目的は、企業活動を利害関係者に伝えることです。
外部に向けた公式文書となるため、チラシのような「ぜひご利用を」「大安売り」などの売り込みを目的とした文言はあり得ません。

プレスリリースは宣伝ではなく、社会への情報伝達だということを意識して配信する必要があります。

注目されるプレスリリースを作成するには

メディアには毎日大量のプレスリリースが届きます。
その中で興味を持ってもらうためには、単に情報を書き連ねるだけでなく、工夫が必要です。

記者や編集者が 「面白い!」「ぜひ読者・視聴者に伝えたい!」 思わせることで、それぞれの媒体で記事や媒体として取り上げてもらえます。

具体的には以下のような点を意識しましょう。

1. タイトル、見出しをわかりやすくする
2. 画像・動画をつけて分かりやすくする
3. 具体的な数字データを使用する
4. 事実を正確に伝える
5. 専門用語を使わず、分かりやすい言葉で書く

プレスリリースは、マスメディアの記者にとっては内容を判断して記事にするための基礎資料となるものです。
情報を正しく伝えて、正確な記事を書いてもらえるようにしましょう!

最後に

今回はプレスリリースの概要について、簡単にご紹介させていただきました。
プレスリリースを配信するためにはこの他にも、メディアの選定や配信時期、配信方法など確認すべき内容が複数存在します。
そのため初めてプレスリリースを作ろうという方には少しハードルが高く感じるかもしれません。

しかしプレスリリースを配信して多数のメディアから記事にしてもらえた場合、広告出稿との費用の差は歴然です。
プレスリリースは無料で始められるマーケティング施策のため、配信方法などを確認しつつ、検討してみてはいかがでしょうか。

Categoly

最新記事

BLOG TOP