投稿日:2019年7月5日
更新頻度が高ければ良いってもんじゃない
13244897_1006214376130061_956035346498478237_n

重要な更新頻度、でもそれだけではダメ…!?

WEBサイトを運営していく上で「更新頻度」はとても重要です。

検索ロボットは「どれくらいの頻度で更新しているか」もチェックしています。
そして「うんうん、このサイトはよく更新している有益なサイトだな、皆に見てもらうために検索順位を上げよう」となるワケです。

ですが、意味のない更新では弱いし、質の低いコンテンツの量産では「逆効果」ってご存知でした…!?

※質の低いコンテンツ = SEO対策のために同じ内容のページを大量にコピーしたり、無意味にキーワードの言葉を大量に入れすぎる等のスパム行為

訪問者視点の更新を心がけよう

・常に新しい情報を掲載する
・お知らせがあれば報告する
・サービスが増えれば告知する

そういった「訪問者の視点」で役に立つ更新をすればとても効果があります。
良質の更新をすることで訪問者が増える→検索順位が上がる→訪問者が増える→検索順位がまた上がる、このサイクルで雪だるま式にさらに良くなるんです。
値上げしたのに値段がそのままになっていませんか?
もうすぐ消費税が10%になりますが、準備はしていますか?
すでに販売終了しているメニューをまだ掲載していませんか?

サイト内の古い情報を見た方が実店舗に来た際、もしかしたらお客様が「だまされた」と感じるかもしれません。
紙媒体と違い、せっかく最新の情報を「すぐに」「自分で」発信できるWEBサイトなのに、これでは逆効果です。

KIZUNA制作のサイトは更新がカンタン

そのために弊社でご提供しているWEBサイトはお客様ご自身で更新できるものになっています。
ぜひ活用していただき、「訪問者視点の更新」を心がけてくださいね!

Categoly

最新記事

BLOG TOP