投稿日:2019年9月9日
スマホで写真を撮ろう!1
37969481_1789031457848345_3707158127704014848_n  
ウェブサイトに掲載する写真、「カメラ苦手だから自分には無理」「一眼レフカメラなんて持ってないもん」そんな風に思って敬遠していませんか?

今はスマートフォンのカメラでも十分、プロのカメラマンでもサブ機としてスマホのカメラを使ったりするんですよ

「Instagram」などのSNSでもどんどん写真をアップする時代、今日はスマホでの撮影方法についてちょこっと解説します!

きれいに写真が撮れるテクニック!

まわりの片付けをしよう!

基本中の基本、撮りたい対象が一番よく写るように気を配りましょう。

人を撮るなら髪や服装を整える、料理であれば伝票など周りの不要なものは片付ける。
どうしても不要なモノが写る場合は、自分が動いてみましょう。

スッキリさせるだけで写真は変わります!
と言うよりむしろ、いらないモノが写っていると台無しです!
人物撮影しているのに背景にティッシュペーパーが写っている…そんなことにならないように!

もちろん、あえて背景として “わき役” を置くのはテクニックとして大アリですよ!

レンズはきれいかな?

これも基本ですね、レンズは拭いてキレイにしましょう。
スマホのレンズにはカバーはありませんが、普段から手で触りまくっているモノです。

指紋や皮脂が付いていては写真が台無し。
大事な撮影の前にはレンズをキレイにする、この行動は癖付けましょう!

デジタルズームは使わない!

ズームには「アナログズーム」と「デジタルズーム」の2種類が存在します。

「アナログズーム」は、レンズを動かして被写体を大きく写すものです。
一方、「デジタルズーム」は、実はズームなんてしていません。
ただ単に “画面を拡大して見ているだけ” だけなんです。

つまり、もとの画像を拡大しているだけなので「画像が荒くなる」んですね。

「デジタルズーム」は使わずに、可能な限り自分が被写体に近づくようにしましょう!

 

まとめ

今回、お届けしたのは本当に「基本中の基本」のみです。

もっと踏み込んだハナシもまたお届けしたいと考えています。
次回もお楽しみに、それでは本日はこの辺で!

Categoly

最新記事

BLOG TOP