投稿日:2020年1月10日
【超未来】2025年、5Gで世界はこう変わる!
20200110 世間でもよく耳にする「5G」という移動通信システム。
ついに今年、2020年より5Gが始まります…!!!

『ネットが速くなるらしい』ということは皆さんもお聞きだとは思いますが、それだけではありません。

5Gによって世界がどう変わるのか?
ちょっと先の未来をのぞいてみましょう。

目次

「5G」の3つの大きな特徴

5Gもインフラの基盤になる

そもそも「5G」ってどういう意味?

日本ではいつから5Gを使える?

5Gは世界に革命を起こす



 

「5G」の3つの大きな特徴

20200110-1 5Gの特徴は、低遅延大量接続超高速です。

現行の4Gに対して 速度は100倍 、情報量は1000倍 です。

2時間の映画をダウンロードするために必要な時間はたったの3秒!!!

ものすごいスピードですが、ここまではご存知の方も多いと思います。
さて、ここからが本題。



 

5Gもインフラの基盤になる

ネットの速度が爆上がりし、通信量が激増し、安定するということは…
現在の電気のように、ネットワークが社会のあらゆるものの基盤となるインフラになるということ。

インフラとして5G通信が整ったとき、未来の生活が大きく変わります。

自動翻訳で違和感なく会話

20200110-2 お互いが母国語を喋っているのに会話ができる、そんな時代がやってきます。
イヤホンのような端末を耳に装着するだけで、ネットワークに接続し、クラウド経由でリアルタイム翻訳が可能に。
なんの違和感も遅延もなく、世界の人と会話ができるようになります。

レジが無くなり商品は店から持って出るだけ

20200110-3 「RFID」というID情報を埋め込んだ小さなチップを使い、様々なものを識別・管理します。
商品を持って店の外に出た時点で自動決済
コンビニ各社は2025年までに全店舗に導入予定とのこと、もうすぐ…!

ドローンの普及

20200110-4 街中の空を、配達用のドローンが縦横無尽に飛び交います。
離島であっても素早く届けることが可能ですし、離島だけ別送料ということも無くなるでしょう。
人が乗れるタクシーのようなドローンも登場するでしょうし、人と空がもっと近くなります。

ホログラムで恋人や友達に会う

20200110-5 スターウォーズでおなじみのホログラム。
あたかもそこに人がいるかのように空間に立体的な映像を映し出す技術です。
これまでも技術的には可能でしたが、4K動画の4倍のデータをやり取りするため速度が必要でした。
これも5Gによって解決します!
近未来の世界では、全国の支店長がホログラムで集合して会議をしたり、お互いに家に居ながら恋人や友達とホログラムで遊ぶようになります。

遠隔医療で優秀なドクターの手術を

20200110-6 大きな病院がなくても、遠隔で医療を受けることも可能に。
日本にいながらアメリカの有名医師の手術を受けるなんてことも可能です。
ターミネーターのアレですね!
診察に病院に行くこともなくなり、家庭でお医者さんと8Kなどの高精細映像を使って問診をするようになります。

自動運転は運転手も免許も不要

20200110-7 ただ運転するだけではなく、刻一刻と変化する周囲の状況に合わせた判断が必要な自動運転。
超高速&大容量通信の5Gが可能にします。
事故を起こした場合の責任の所在など、まだ課題はありますが実現間近です。

交通信号機が渋滞をなくす

20200110-8 道にある信号機もネットワークで制御。
青信号や赤信号の時間配分などをAIが計算し、道路は渋滞知らずに…
自動運転が当たり前の世界だと、渋滞って暇で暇で辛そうですもんね。

ウェアラブル端末でネットと繋がる

20200110-9 「スマホを持つ」という感覚は、近い将来なくなるかもしれません。
メガネ型端末などの身につけるウェアラブル端末で映像や音声をやり取りします。
自分がメガネを通して見ている光景を他の場所からでも確認できる未来の世界では、浮気なんてできなくなりますよ。



 

そもそも「5G」ってどういう意味?

“G” は「Generation / 世代」の “G” で、「第5世代」を意味します。
つまり、第5世代移動通信システムということですね。

ちなみにこれまでの移動通信システムの遍歴は以下です。

1980年代 / 1G

音声通話・アナログ無線 など

1990年代 / 2G

メール・インターネット・デジタル無線 など

2000年代 / 3G

iモード・音楽配信・映像配信 など

2010年代 / 4G

オンラインゲーム・SNS・ストリーミング配信 など

2020年代 / 5G

これからの未来



 

日本ではいつから5Gを使える?

アメリカや韓国では2019年から始まっている5Gサービス。
5G対応スマホもすでにけっこうな売れ行きなようです。

ですが日本ではまだまだ5Gに対応するための準備中、いつからスタートするのでしょうか?

日本での5Gサービス開始時期

総務省が発表した電波周波数の割り当てによる、各社のサービス開始予定時期は以下。

NTTドコモ :2020年春
KDDI/au:2020年3月
ソフトバンク :2020年3月頃
楽天モバイル :2020年6月頃

しかし注意が必要。
上に書いた時期になると「全国どこでも使える」というワケではないのです。
徐々に徐々に広がっていくでしょう。

各社ごとで使えるエリアの割合

5G基地局が全国で運営開始されても、実際に5Gを使えるエリアは各社により異なるのでご注意あれ。
設置される5G基地局数の割合の比較は以下です。

NTTドコモ :97.0%
KDDI/au:93.2%
ソフトバンク :64.0%
楽天モバイル :56.1%

上の数値は2024年末までの計画値です。
はやく全国に普及してほしいですね!



 

5Gは世界に革命を起こす

18世紀の終わりに蒸気機関が誕生し、大きな物でも重い者でも物資の輸送が容易になりました。
社会を大きく変えたこの出来事が第一次産業革命です。

第二次産業革命の主役は電力。
電気のチカラで大量生産ができるようになりました。

そしてコンピューターが第三次産業革命を起こします。
これが現在ですね。

そして次なる産業革命の主役が “5G” だと言われています。
第四次産業革命、おそらく世の中が劇的に変化するでしょう。

今回の記事のこと、どれも近い将来の話だと言うんだから驚きです。

ちょいちょい不安なこともありますが…、なんだかとてもワクワクしますね!
きっと、2025年の大阪万博ではさまざまな最新技術を目の当たりにするでしょう!

Categoly

最新記事

BLOG TOP